こどもたちが自分で問題を解決していくために

こどもたちが将来問題に直面したときに、自分で解決の道筋をたて乗り越えていける。
その為の基礎を築いていく期間が小学生の時期だと私たちは考えています。
そこでCFAKidsでは、「自分で解決できる人間」になるために必要な能力を5つのチカラに具体化し、さらに5つのチカラが身についているかどうかの尺度として647項目の独自のアセスメントを定めました。
さらに、アセスメントの各項目について5段階の評価基準を定めています。
そして、実際にこどもたちがチカラを身につけることができるよう、学年別カリキュラムを作成しています。

放課後という時間に学童での生活を通してどう成長していくのか。

わたしたちが大切にしているのは曖昧な言葉ではなく、具体的な目標とそれを達成するための理論です。

5faculty.png
manabu.png
shiru.png
kangaeru.png
tutaeru.png
LS.png






多数のお問い合わせを頂いている関係で、
特に新年度会員募集時はお電話が繋がりにくいことがございます。
その場合は、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。