小学生の放課後という、人生で最も大切な時間

「放課後」や「夏休み」という言葉の印象を人に尋ねると、その答えは様々です。
野山を駆け巡った思い出や、小学生の社交場である駄菓子屋でのエピソード。
友達とのケンカや最新のゲームにワクワクした気持ち。
宿題に追われた8月末や、大雪が降った次の日の雪合戦。

生まれ育った場所や年代、家庭によってさまざまですが
根底にあるのは「楽しい」という思いではないでしょうか。

現代のこどもたちも、生まれ育った環境は異なりますが
放課後を全力で楽しみ、遊びや勉強、友達との関係性などから
人生にとって大切なことを全力で学んでいます。
学校で学ぶこと以上に、小学生は放課後の時間から学んでいるのです。

しかし、残念ながら現代の日本では6人に1人のこどもが貧困状態にあり
しかも家庭によって貧困や格差が連鎖してしまっているという悲しい現実があります。

日本には世界でも有数の義務教育制度があり、
こどもたちは誰もが義務教育を受ける権利を有しています。
誰もが質の高い義務教育を受けられるのに、なぜ生まれ育った家庭によって
こどもたちの学力や将来に格差が生まれてしまうのでしょうか。

それは放課後の過ごし方に格差が生まれているからではないかとわたしたちは考えています。
多くの友人に囲まれ、休みの日はキャンプなどのイベントに積極的に参加している子がいる一方で
放課後家に帰っても誰もおらず、夏休みもどこにも行かず家でただゲームをしているだけの子もいます。
学ぶことのおもしろさや大切さを教えてくれる大人たちに囲まれて
自然と知的好奇心を育まれているこどももいれば、
勉強なんてしなくていいと、本も買ってもらえないこどももいます。

けれど、どんな家庭に育ってもこどもたちが不幸になっていいということはありません。
こどもたちには学ぶ権利が、遊ぶ権利が、そして幸せになる権利があるはずです。

わたしたちは放課後教育を通じてこどもたちの放課後格差を解消し
どんな環境で生まれ育っても、自らの意志と能力で自分の人生を切り開いていけるこどもを育てています。
現在は民間学童事業を行っていますが、今後は公立学童の運営やCFAKidsでの奨学金の導入を通じて
すべてのこどもたちが価値ある放課後の時間を過ごせるような環境を整備し、
生まれ育った家庭や環境でこどもたちの人生が左右されない社会を実現します。



isana_nakayama.jpg
代表理事 中山勇魚
早稲田大学教育学部卒業
在学中より民間学童に指導員として勤務し卒業後は認可保育園や児童館、学童を行政より委託を受けて運営する法人にて新規園の開発に従事。2013年、学童業界出身者が集まり、誰もが豊かで成長できる放課後の時間を過ごせる社会の実現を目指しNPO法人Chance For Allを創業。