保護者が働いていることを前提とした保育園時代とは異なり
小学校は働いていることを考慮してくれません

やっとの思いで預けた学童も
外に遊びにも行けず、こどもたちにマンガを与えて放置する公立学童や
公立学童以下の運営レベルにも関わらず、月に10万円近くかかる民間学童など

ただ預けるだけの場所どころか、こどもの健全な成長を阻害するような運営の学童がたくさんあります

私達は放課後の時間をこどもたちが成長するための時間と考え
こどもたちにより充実した放課後の時間を過ごしてもらうために設立された学童です

小学生の放課後の時間について
民間学童とは?
CFAKidsとは?
保護者の声

みんなが同じ義務教育を受けているはずなのに、なぜこどもによって差がついてしまうのでしょうか
わたしたちは、その秘密は放課後の時間にあると考えています

学ぶ力、知る力、考える力、伝える力、リーダーシップ
これはCFAKidsがこどもたちに身につけて欲しいと考えている5つの力です
生きる力や人間力という言葉で表されることも多いこれらの力は、学校の授業では学ぶことができません
遊びや友達との関係性、先生や両親以外との大人との出会いなど様々な経験を通してのみ身につくものです

また、グローバル化が進み国内だけでなく海外も巻き込んだ競争にさらされるであろう現代のこどもたちは
学校の宿題だけでなくプラスαの勉強や学びを必要とされています

その一方で現代に至るまで放課後の時間の重要性はほとんど議論されることなく
ただこどもを預かって放置しているだけの学童や
保護者の利便性のみを追求し、こどものことをまったく考えていない学童が数多く存在しているのが現実です

こどもたちにとって放課後とは、学びと成長の場でなければならない。
それがCFAKidsの考える放課後です。



つい20年ほど前はあたりまえのように「保育園に税金を使うのは間違いだ」「共働きの家庭は、こどものことを顧みずに親の自己満足を優先させている家庭だ」と言われていました
現在では保育園の存在意義やその必要性は明らかであり、上記のようなことを発言することは時代遅れだと考えられています

その一方で学童保育業界は保育園のような十分な予算もなく、最低限の時間を最低限のスタッフでなんとか運営しているのが現実です。生活苦や労働環境の悪さから数ヶ月で辞めてしまうパートの先生、小学生になって時短勤務が終了したのに保育園より早く、18時には閉まってしまう矛盾。必要としている人にサービスを提供できない待機児童問題。公立学童は多くの問題を孕んでおり、すべての家庭には対応できていないのが現実です

そこで10年ほど前から市場のニーズに応え、民間学童が生まれました。
夜遅くまで運営していることや保護者の利便性を重視したサービスなど、斬新な運営で民間学童は多くの利用者を獲得することに成功します

しかし、一部の民間学童が優れた運営を実現した一方、利益を目的として乱立された株式会社運営の民間学童には劣悪な環境の学童が存在するのが現実です

複数の店舗で同一指導員を登録し、実際には1人で運営している学童
毎日の食事やおやつがコンビニやスーパーの弁当、スナック菓子の学童
運営方針もマニュアルもなく、その場しのぎの運営を繰り返している学童
自分たちをサービス業と称し、お客様であるこどもが悪いことをしても叱れない学童

民間学童には上記のような学童が数多く存在します。
CFAKidsの創立メンバーは全員が別の民間学童の運営経験者であり、そのよいところも悪いところも知り尽くしています。

民間学童のよいところをさらによく、悪いところは改善する。
設立した時の想いを今も忘れず、CFAKidsは運営されています。



CFAKidsの特徴は大きく分けて以下の3つです

独自カリキュラム

学童はただ預かるだけの場所。それがこれまでの常識でした。
CFAKidsはこどもたちがただ時間を浪費するだけの場所ではありません。
私達はこどもたちが放課後の時間を最大限に活用し、成長するための様々な仕掛け、仕組みを持っています。
CFAKidsのカリキュラム

こどものための学童

現在、存在する民間学童のほとんどが保護者のための学童です。
こどもの成長や、放課後の時間の重要性ということはほとんど考慮されず
基本的には預けやすく、便利であることを最重要視して運営されています。

CFAKidsはこどものための学童こどものための放課後の時間運営の根幹としており、
保護者の皆様には多少のご不便をおかけすることもありますが
こどもたちの充実した生活と健全な成長を評価いただいています。
上記のようなこどものための学童を実現するために
CFAKidsでは以下の運営方針を設立当初より貫いています。

週5日のみの預かり

多くの民間学童では、週1日から週5日まで値段設定の異なるプランが存在します。
また、車送迎により多様な地域から多くのこどもを集めて運営されています。
これは、家庭による預かりニーズに細やかに答えやすい一方で
毎日異なるこどもが異なる時間に入室することで、安定した運営ができないという弱点があります。

CFAKidsは、こどもたちの放課後の時間をより価値のある時間にすることで
こどもたちの健全な成長を支援することを目的としています。
従って、既に他に放課後を過ごす居場所があるお子様の一時的な預け場所としてのご利用や
保護者の方の利便性のための託児所としてのご利用は
大変申し訳ございませんが、お断りしています。

週5日のみの預かりだからこそ、勉強の得意不得意もわかり、帰ってきたこどもの顔を見ただけで悩みがわかり、テーマワークやグループワークなどのカリキュラムを安定して実施することができます。

※必ず毎週5日間利用しなければならないわけではありません。
外部の習い事などでお休みや中抜けされるお子様もいらっしゃいます。
その場合も、グループワークやテーマワークなどには出来る限り参加されることを推奨しています。

車での送迎を行わない

車での学校や家庭への送迎は、多くの民間学童が実施しているサービスの一つです。
学童への行き帰りの安全性の担保や、保護者がお迎えに行かなくてよいなど
車送迎は一見、とても魅力的なサービスに見えます。

しかし、CFAKidsでは車での送迎を行っていません。
その理由は、こどもたちの大切な放課後の時間を無駄にしたくないからです。

なぜCFAKidsでは送迎を行わないのか
※詳細はリンクを御覧ください。

実際にこどもたちが1年間でどのくらいの時間を送迎に費やしているか、計算してみましょう。

◆毎日、片道20分をかけて学童まで通っている子の場合
(往復40分 + 車待ち15分)×週5日×50週間 = 年間約230時間

◆毎日、片道1時間をかけて学童まで通っている子の場合
(往復120分 + 車待ち20分)×週5日×50週間 =年間約580時間

片道20分は、学童のある隣の駅や小学校から通っているお子様の場合です。送迎車は1人のお子様を乗せて走っているわけではないので基本的にいくつかの小学校を周ります。その間、こどもたちは車の中で座っているだけです。

送迎を利用していて週5日学童に通っているお子様のほとんどが年間230時間以上の時間を移動やその待機時間に費やしていることがわかります。
230時間と言うのは、小学校1年生の算数の時間と生活科の時間を足した時間数とほぼ同じです。

片道1時間は、隣の区から通っているお子様の場合です。
580時間と言うのは、小学校1年生の国語、算数、生活科、音楽の時間を足した時間数とほぼ同じです。ちなみに小学校1年生の1年間の総授業時間は850時間です。


安易な習い事のアウトソーシングを行わない

毎日を過ごす場所である学童で、ついでに理科実験や英会話の習い事ができたら便利。
そう思う保護者の方は少なくありません。
しかし、その習い事は本当にこどもたちの今に必要な習い事でしょうか。
きちんと習い事の質の担保ができているでしょうか。

CFAKidsでは、リベートを受け取って習い事を仲介することは行っておりません。

こどもたちの放課後の時間をより充実したものにするために考えぬかれたカリキュラムと
そのカリキュラムに従って実施されるテーマワークやグループワークなど、
学童でなければできないプログラムを追加料金無しで実施しています。

時間を切り売りして多少の利益を得るよりも、
こどもたちの放課後がより楽しく学びのあるものにするため
習い事のアウトソーシングは一切行っていません。

※質の低い習い事を運営時間中に実施することは行っていませんが、
お子様の多様な経験のために、ご家庭ごとに外部の習い事などに通われることを否定するものではありません。

半額以下の料金

東京都内の一般的な民家学童では、週5日の預りで約5万円〜6万円の保育料金が相場となっています。残業などで延長が多い家庭は月に10万円を超える保育料金がかかる場合もあります。

CFAKidsでは、駅前一等地への出店や華美な内装、車両での送迎などこどもたちの成長に関係しないコストを徹底的にカットすることで月に2万3千円、どんなに延長しても3万円という保育料金を実現しました。
※通常月。夏休みなどを除く。
サービス/料金





CFAKidsの運営について9割の保護者が好評価しています。
※全体の中のよい、とてもよいと答えた割合

CFAKidsの運営について.png

保護者の声

とてもよい
・とにかくこどもが楽しそうで遊びも勉強もしっかりと満喫できている
・カリキュラムが充実しており、保護者が参加できるイベントも刺激的
・食事など、きちんとこどものことを考えているのが伝わる
・夜遅くまで預けられる
・お友達ができたこと

よい
・とても楽しく通っている
・公立学童にはないイベントに参加できる
・とても安心できる

ふつう
・入ったばかりなのでまだわからない
・初めての小学校、初めての学童のためわからないがこどもは楽しそう

悪い
とても悪い
該当なし

CFAKidsを選んだ理由 BEST 3

1.カリキュラムが充実しているから
2.長時間運営しているから
3.スタッフが正規雇用で入れ替わりが少ないから
4.保育料金が安いから
5.勉強を見てくれるから
6.手作りの食事やおやつを提供しているから


CFAKidsに入会してよかったこと

勉強
・毎日の集中の時間(CFAKidsの勉強の時間)があるおかげで勉強の習慣ができ、休みの日も机に向かっている
・小学校入学前は「絶対に勉強しない」と言い張っていた息子が、一ヶ月で勉強に取り組むようになって驚いた

生活
・こどもが喜んで通っているのが何よりです
・先生が一生懸命こどもと遊んでくれる
・こどもたちがおやつや昼食を手作りしたり、遊びも手作りのもので行うなど工夫が見られる
・保護者対応、入退室システムも含めて安心して預けられる

カリキュラム/イベント
・個人ではできない経験ができて、とても満足している
・様々なイベントがあり、大人が見ても楽しそう

公立、民間学童から移籍された家庭

・入る前は正直そこまで期待していなかったが、実際に通ってみて勉強、カリキュラムの価値が初めて分かった(元・公立学童)
・毎日の連絡帳、保護者面談などでこどもの様子がよくわかり助かる(元・公立学童)
・同じ民間学童でもここまで差があるのかと驚いた。こどももCFAに変えてよかったと言っている(元・民間学童)
・前の学童では毎月8万円程かかっていたが、運営体制や環境にかなり不満があった。料金が安いので移ったが、本当によくしてくれていて大変満足している(元・民間学童)

CFAKidsに改善してほしいこと

・おやつや食事の内容が(できれば事前に)知りたい
→前日、当日のおやつと食事の内容を掲示するよう改善済

・部屋が暑いので、クーラーを増やしてほしい
→各施設1台ずつクーラーを増設

・勉強の時間をもう少し伸ばしてほしい
→全体のカリキュラムと合わせて検討中

・4年生以降も預けたいが、時間などどうなるのか
→高学年の生活リズムに合わせた高学年用のプランを新設

・土曜/日曜/祝日の運営があればなお嬉しい
→現在のところ対応予定なし


多数のお問い合わせを頂いている関係で、
特に新年度会員募集時はお電話が繋がりにくいことがございます。
その場合は、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。